<   2006年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧
福来。ちゃん
福来。ちゃんが永眠してしまいました。

福来。ちゃんが発病してから毎日数回和代さんのブログをチェックするのが日課になってました。福来。ちゃんの元気な様子が更新されるたびに喜んでたのですが、今日の会社を出る間際にチェックしたら「容態急変」というタイトルが・・・。家に帰ってきてすぐにチェックしたら「永眠」という悲しいお知らせがUPされてました。自分のことのように辛くて悲しいです。

福来。ちゃんはFelvキャリアでした。いわゆる猫の白血病です。母子感染ではなく、捨てられてから感染したのではないかとのこと。ごめんね、福来。ちゃん。ひどいよね、人間って。ちゃんと世話をして里親を探してくれたら感染なんかしなかったかもしれないのに。ホント、ごめんね。

今度は丈夫な体で生まれ変わって、また遊んでね。
[PR]
by dalai_kuma_tan | 2006-05-30 23:03 | 猫のこと
南砂のはっちゃん
大オカンが買ってきた女性週刊誌に「招き猫景気がやってきた!」という記事がありました。その記事によると最近「猫ブーム」がはじまっているとのこと。「犬に比べて猫はブログとの相性がよく、オリジナリティあふれる猫ブログが続々と出版化されている」といったことが根拠にあげられていました。その記事を読んでオトンは「よっしゃ!ゆきちの時代が来た!」と一人喜んでいました。
アホや・・・。┐(  ̄ー ̄)┌ フッ

でも実のところ、以前のオトンは私のブログにまったく興味がなく、「みてよ」といっても見ようともしませんでした。ところが会社の人に「奥さんのブログみてますよ!」とか「面白いですね!」といわれるようになってからどれどれ・・・と見るようになり、今では「こういうネタどう?」とか「この写真ええんとちゃう?」とかすっかりステージパパになってます。
アホや・・・。┐(  ̄ー ̄)┌ フッ


そんなオトンが目下ライバル視しているのが「はっちゃん」です。先週のブロードキャスターで「はっちゃん」のニュースをみて、営業部長としてのライバル心に火がついたらしい。そんな・・・はっちゃんに張り合おうなんて・・・おこがましい。

「なんでや!うちのゆきちのほうが可愛いやんか!」というので「だって、はっちゃんのオトンとオカンはプロのカメラマンだもん。うちみたいな素人写真じゃ無理よ」といったら「でもうちのほうがおもろいで!」と反論されました。さすがは関西人。可愛さは譲っても面白さでは負けたくないらしい。

可愛さでいったら親の欲目もあるし、はっちゃんははっちゃんでかわいいので、私はゆきちの方が可愛いとは言いませんが、たしかにネタの面白さでは負けてないと自負してます。でもねぇ・・・。はっちゃんとゆきちじゃ所詮土俵が違うのでは。はっちゃんがジャニーズ系ならうちは吉本。はっちゃんがホリプロならうちは松竹芸能ってかんじだもんねぇ。

でも「はっちゃんみたくメジャーになるのは無理だからせめて"江東区のはっちゃん"って言われるように頑張ろうよ」といったら、「いやーまずは"南砂のはっちゃん"やろ」だって。地域せま!(笑)

f0046866_20143616.jpg

あ、聞こえてた?(^^ゞ
[PR]
by dalai_kuma_tan | 2006-05-29 20:16 | 猫のこと
ネズミしゃん
ゆきちに大人買いしたネズミしゃん。

私たちが出かけようとするとゆきちも一緒に外に出ようとするので、このネズミしゃんを放り投げます。ゆきちはネズミしゃんに飛びついて追っかけていくのでその隙にドアを閉めてでかけます。でも、そのネズミしゃん、帰ってくると見るも無残な状態になっています。

写真の上が使用前(朝)で、下が使用後(夕方)の姿です。フサフサの毛は一本もなく、芯の部分のプラスチックがボロボロになってます。なにもここまで・・・。(- -;
f0046866_20454949.jpg

あと、こんな状態のときもあります。よだれで毛がべとべとになったネズミしゃん。しかもそれがなぜかエサのなかに・・・。やっぱりエサなんだろうか?σ(--#)うーん
f0046866_2049528.jpg

[PR]
by dalai_kuma_tan | 2006-05-28 20:51 | 猫のこと
深川のお不動さん
今日はオトンは仕事で会社にでかけ、大オトンと大オカンは銀座に出かけて行きました。大オトンはあまり乗り気じゃなかったみたいだけど、大オカンが「銀座のホコ天を是非みせたい!」といってお昼頃でかけていきました。その様子をベランダから「40年後の私たちの姿だわぁ」とシミジミ見送ってしまいました。(笑)

私は戸田の競艇場に行こうかと思ったのですが、ダービーも見逃せず、結局両方とも家でテレビでみることに。その前に門前仲町の深川不動尊に自転車でいってきました。お不動さんのまわりにあるおみやげ物屋さんで可愛い巾着を発見!うろこの部分が古い着物でできている金魚の巾着です。それから猫の版画絵の入ったふきんもあって購入しました。可愛いでしょ。ふきんは15種類柄があって必ず格言(?)が入ってました。迷ったけど、ゆきちに似ている猫ちゃんのにしました。

深川不動尊では福来。ちゃんの健康祈願してきました。あ、もちろん、ゆきちもね。

f0046866_14425944.jpg
f0046866_14431462.jpg

[PR]
by dalai_kuma_tan | 2006-05-28 14:47 | 日常のこと
大オトンと大オカン
今日、大オトンと大オカン(夫の両親)が上京してきました。6月中旬までうちに滞在します。大オトンは数年前に脳梗塞で倒れたのですが、外出できるまで回復し、今回我が家の新居見学がてら上京してきました。

前にも書いたかもしれませんが、大オトンは元映画俳優で大オカンは元モデルだったそうです。なので年老いても二人はとてもオシャレに気をつかっていてます。これほどオシャレに気を使う老夫婦を私は芸能人以外知りません。しかも、そのオシャレの場は外だけでなく家の中でもだから余計ビックリします。

たとえば、大オカンは朝食をつくる時にはすでにフルメイクです。結婚した当初、ばっちり化粧して洗濯物を干している大オカンをみて、これからどこかに出かけるのだろうと思ってたら、別に予定はないと聞いてかなりビックらこきました。

大オカンは寝るギリギリまで化粧は落とさないし、起きたらすぐに化粧をするのです。また、大オトンも私がいるときは家の中も帽子をかぶっています。なぜかというハゲを隠すためです。嫁の私にはげた所をみられたくないらしい。(笑)

そんな二人なので私に対する容姿チェックもかなり厳しいものがあります。さっきもいきなり大オトンに「太ってないね、おなか引っ込んでるし」と体型チェックされました。(- -; もっと厳しいのは大オカンで「シミが増えたわね、日焼け止めは塗ってる?」とか「肌の調子が悪いわね、毎週パックはしなくちゃだめよ」とか指導まで入ります。

二人がうちにいる間は、私も朝起きたら即メイク(偽造)して、寝るギリギリまでメイクは落とせません。夫の両親から料理や家事の技量を試されるのが普通ですが、うちの場合は、そんなのはまったく採点内容には含まれず、とにかくどれだけ容姿をキレイに保てるか・・・ということの技量が試されるのです。

家事よりもこっちのほうが疲れるよ。ヽ(T T;)ノ
[PR]
by dalai_kuma_tan | 2006-05-27 18:01 | 夫のこと
平成何年?
今日のうちの職場での会話。

部長「おい!この書類、平成16年って書いてあるぞ!」
Aさん「え!?あ、間違えました・・・。」
部長「今年は平成17年だろ?」
私「部長、今年は平成18年ですよ」
部長「え!?うそ!」
私「18年です!」
Bさん「え?私17年だと思ってた」
部長「オレもそう思ってた・・・・。(カレンダーを確認)あ、ホントだ、平成18年だ・・・・」

みんな、疲れてないかい?┐(  ̄ー ̄)┌ フッ

ま、たしかに平成に入ってから西暦を使うことが多くなりましたから、
1998年が平成何年かって聞かれても私も即答できません。ヽ( ´ー)ノ フッ
[PR]
by dalai_kuma_tan | 2006-05-26 15:40 | 仕事のこと
この泥棒猫が!
って愛人をなじる妻の決め台詞がありますが
こんな泥棒猫なら許せます。
[PR]
by dalai_kuma_tan | 2006-05-25 22:21 | 猫のこと
なにしてんの?
洗面所にいるオトンが「オカ~ン!ちょっときてー!」というので
何事かと思って行ってみると・・・。

なにしてんの?(- -;
[PR]
by dalai_kuma_tan | 2006-05-23 23:02 | 猫のこと
母の動物好き
うちの実家の家族はみな動物好きです。捨て猫や捨て犬がいると放ってはおけないファミリーなので、家にはいつも拾われてきた犬や猫がいました。一番拾ってきたのは末っ子の私で、母に怒られるだろうなぁと思いながら家に連れて帰ると、「また!拾ってきて!」と一応は怒られるのですが、「かわいそうにね~、ミルク飲む?おなかすいたでしょう?」と娘そっちのけで世話をやきはじめる母なのでした。

次に拾ってきたのは父だったかもしれません。一番驚いたのは、ブルドッグを拾ってきたこと。車にはねられて捨てられていたらしく、父が拾って病院に連れて行き、そのまま我が家の番犬となりました。そんな両親のDNAを受け継いでいるので私達兄弟もみな動物好きなのかもしれないと思っていますが、うちの母の動物好きはちょっと度を越していることに最近気がつきました。

数年前のある冬のことです。私が実家に帰った際に、両親と山奥にある日帰り温泉にいきました。車を運転していると、父が「あ!あそこに何か動物がいるぞ!」と言いました。みると50mくらい先にある山のふもとに、灰色の動物がいました。

「あれはカモシカじゃないか?」と父。
「あれは、クマよ。」と母。

車をとめて外に出てみると、その動物は頭をもちあげてジッとこちらをみていました。

「やっぱりあれはカモシカだよ。冬だからあんな色なんだ。」と父。
「ええ!?クマじゃないの!?」と言い張る母。
「どっちだろうね?」と私。

すると突然母が「あれは、きっとクマよー!」と叫びながらその動物に向かって走り出しました。
Σ( ̄∇ ̄||| おいおい・・・。
「お母さん!クマだったらあぶないから!」と私は母を止めようと追いかけました。

急に走り出したバカ親子に驚いたのか、その動物は山を登って逃げ出したのですが、途中で止まるとまたこっちをジッとみていました。20mくらいまで近づいてみると、父の言ったとおりカモシカだとわかりました。食べ物をさがして人里まで降りてきたようです。

動物好きの母は野生の動物をみて感動していました。母がいかに動物好きか、あらためてわかった私ですが、それにしても、もしクマだったらどうすんだよ・・・。_| ̄|○ il,li 

クマに向かって走りだす70歳は、日本中さがしてもでうちの母だけだろうな。┐(  ̄ー ̄)┌ フッ
[PR]
by dalai_kuma_tan | 2006-05-23 17:41 | いろいろ思うこと
ゆきちを飼うキッカケ
よく「なんで猫を飼い始めたの?」って聞かれます。そのたびにオトンは

「最初は犬を飼うつもりで探してたんやけどな、
この人が猫飼うゆぅてゆきちをネットでみつけてきたんや」

って説明しています。それはたしかに正しいですが、なんで私が急に猫を飼うことにしたか・・・ということはオトンは詳しくは知りません。でも、実はちゃんとした理由があって去年の6月のBlogに詳細を書き残しています。

ゆきちを飼うきっかけは、去年の6月に子猫を拾ったことでした。当時はまだ那覇に住んでいて、あと10日で東京に戻ることが決まっていた時でした。私がみつけたときは瀕死の状態でこのまま放っておいたら確実に死んでしまうと思いました。私は家に連れ帰り一晩看病して翌日会社を休んで病院へ連れて行きました。

その子には「てぃーだ」という名前をつけました。沖縄の言葉で「太陽」という意味です。去年の沖縄は梅雨が長くて、野良ちゃんたちにとっては過酷な環境でした。たぶんてぃーだも生まれてから太陽を見たことはほとんどなかったと思います。だからこの子の頭上にいつも太陽が輝くように「てぃーだ」と名づけました。獣医さんにも「いい名前ですね」って言ってもらいました。

でも、てぃーだに太陽が輝くことはありませんでした。重度の感染症と風邪にかかっていて、投薬治療をしたもののその日のうちに死んでしまいました。そのときのショックは今でも忘れられません。救ってあげられなかったことに対する無力感でいっぱいになり、仕事も手につかない状態になりました。

てぃーだとはたった1日しか一緒にいなかったのですが、長いことペットを飼っていなかった私に、ペットと一緒に暮らす楽しさを思い出させてくれました。自分の無力さを嘆きながら、てぃーだの命を無駄にしないためにはどうしたらいいだろうかと考えました。

ネットで「猫 里親」と検索したら里親募集の掲示板がたくさん出てきました。掲示板を見ると数多くの猫ちゃんたちが里親さんを求めていました。まだまだ世の中には過酷な状況で暮らす子猫たちがたくさんいる・・・1匹でも不幸な猫ちゃんを救ってあげたい、てぃーだのことは救えなかったけど、私が他の子を救ってあげたらてぃーだも喜ぶのでは、と思いました。

そしてみつけたのが、てぃーだと同じ白黒猫だったゆきちでした。

翌春にはペット可マンションへ引っ越すことが決まっていて、私が東京に戻ったらペットを飼おうとオトンとよくペットショップをのぞいていました。犬を飼うつもりでいたのに、私が急に「猫の里親になりたい」と言い出したことにオトンはちょっとビックリしてました。「なんで?」と聞かれても、まだショックが大きくて、てぃーだのことを詳しく話す気になれず「なんとなく・・・」とだけしか説明していませんでした。

てぃーだに出会わなかったら、ゆきちにも出会うことはなかったと思います。ありがとう、てぃーだ。

って、ブログを書いていたら、ゆきちが急に誰もいない壁に向かってジッとみつめています。きっとてぃーだが来てくれたんだね。私がてぃーだのことを思い出してこの文章を書いているからきてくれたのかな?

この文章を書いたのは・・・
[PR]
by dalai_kuma_tan | 2006-05-21 23:42 | 猫のこと